越谷市木遣保存会
ホームご挨拶・概要越谷木遣唄木遣の歴史活動報告地図・会員

越谷木遣唄

建築の棟上祝儀、主に久伊豆神社祭礼の練歌・山車の曳き歌として、現在まで伝承されています。
越谷木遣の種類と数
1.「地 唄」
遣声(やりごえ)・手古(てこ)・つりかけ・小車のぞき(元唄と本唄)・      
ちょちょけ節・田唄・えんし(元唄と本唄)計10曲


「遣声」は、いかなる木遣を歌う時も最初に歌う木遣。
「えんし」は、納めの木遣として歌われます。
 

2.「端 物」
五尺・白酒(其の壱・其の弐・其の参)・鎌倉計 5曲


「端物」とは、1曲ずつ区切って歌います。
 

3.「ニツ棒」
掛束・白酒掛束・掛束城内・さんより様計 4曲
 
4.「追掛物」
七福神・東山本・千秋万歳計 3曲

掛物とは、2〜3人で各自一区切りずつ追っかけて歌い、節物とも言います。
 

5.「流し物」
鳶掛計 1曲


流し物とは道中物とも言い、
江戸時代の街道の中で、長い道中になると東海道(五十三次)、中山道があります。

 

以上5つに分類、合計23曲。
他に木遣を身近なものにしようと、越谷市木遣保存会で作詩した「越谷情景」があり、
それらを組み合わせると50曲以上になります。

覚え帳と文句集の一例
木遣楽譜

 

▲ページトップへ